このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気の専業主婦向けカードローン
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

初めてのキャッシングで子供の教育費を借りました(女性/30代)

女性/30代

私は30代の専業主婦です。夫は地方公務員で収入は共働きに比べたら低いですが、安定している方じゃないかと思います。

ただ家のローンの支払いもあるし、子供が有名私立中学への進学を望んでいたので最近塾に通い始めました。
そんなに贅沢はしていないので倹約すれば、毎月の月謝は夫の収入から払えます。

でも、夏期講習や冬期講習の数十万円もかかる費用を払おうとすると、
家計が一時的に苦しくなることに焦りを覚えて慌ててパートを探し始めました。

しかし、不運にも自宅の近くで専業主婦が働きやすい条件の求人がその時はほとんどなくて、夫に相談するのも迷いがありました。とりあえず、入金期限までに夏期講習の費用だけでも借りられないかなと思って、借り入れを検討したのはその頃です。

でも、総量規制で消費者金融だと夫の同意がないと借りられないと分かり、
入金期限に間に合わなくなるのではという不安もありました。

それに金利や手数料が高いと困るので、パートが決まるまではできるだけ少ない金額で返済したいなと思っていたんです。

そんな時にテレビCMでキャッシングサービスというのを知りました。
最短30分で審査回答、スマホから申し込み可能のうたい文句に惹かれました。

普段から利用している信用のある銀行のサービスだし、これなら安心かもしれないと思って早速スマホで検索。

キャッシングのページを読むと最少返済額というものがあるようなので、サイトを確認したら10万円を借りた場合は2千円からでした。
これなら今からでも支払えると考えて、早速インターネットから申し込んでみると40分くらいで審査回答がありました。

口座を持っていたので、そのままWEBで契約手続きをして、郵送で数日後にはカードも受け取れました。

自宅から一番近いATMがコンビニなので、いつでもコンビニのATM手数料が無料というのはとても有難いです。
時間的な余裕ができたおかげで希望に合った条件のパートも無事決まりました。

最少返済額から返済をはじめて、余裕が出てきたら返済金額を増やして最後は一括返済で完済。

初めての借り入れでドキドキしましたが、月々の支払える金額に合わせて返済できたので安心して利用できました。

人気の専業主婦向けカードローンのランキングはこちら

美容ケア代が足りなかったので、キャッシングしました(女性/40代)

女性/40代

専業主婦として12年、40代の主婦です。

子供がいないので、養育費などの出費はなかったのですが、その分のお金は美容ケアに当てていました。
昔から毎月2,3回美容外科へ行き、エステにも毎月1回ほど通っていました。

そのほか、ネイルサロン、ヘアサロンなどを今でも継続して行っており、
毎月の美容ケア代が20万を超えることも少なくありませんでした。

夫公認で行っていたことなので、これに関しては問題はありませんでしたが、
歳と共に顔のしわ、たるみが気になるようになり、美容整形を受けたいとそのうち思うようになりました。

施術は顔の中に糸を入れ、顔を全体的にリストアップさせることで
しわ、たるみを減らし、若々しさを取り戻すといったような内容でした。

糸を顔に入れる本数によって値段が変り、私は45本でだいたい80万円程度の料金になりました。

1度の整形で行き成り80万円を使用するのはさすがに厳しいですし、
旦那が許さないだろうと思ったので、カードローンのキャッシングをすることになりました。

医療ローンなども検討していましたが、借り入れまでに時間がかかるようだったので、断念しています。

カードローンのキャッシングなので元々使用していた口座にすぐ借り入れすることができ、とても満足しました。

もちろん、旦那の給料で返済していることやキャッシングしたことは言っていませんし、バレていません。

銀行のカードローンのキャッシングなら、旦那に内緒でも借りることができました。
インターネットなら、その日にお金が振り込まれるようになっています。

急な出費やすぐにお金が欲しい時などにキャッシングはとても便利です。利息も銀行なら安いので、おすすめです。

ギャンブルの借金で膨らんだ約100万円を完済(女性/30代)

女性/30代

20代後半から息抜きで始めたパチスロにはまった私は、
気が付けば所持していたクレジットカードのキャッシングを利用していました。

3枚のカードで約30万円です。

焦った私はどうにかして負けた分を取り戻そうと更に借金を重ねていき、
あと少しで50万円というところまで借金の額が膨らんでいました。

子供もまだ幼く危機感を感じて賭け事はもうしないと、
誘惑を断ち切った私を待っていたのは、専業主婦にとって高額な50万円弱の借金の返済という現実。

しかも、すぐに貸してくれるクレジットカードのキャッシングを利用していたのも状況に追い打ちをかけました。

よくよく調べてみると、大手消費者金融並の高金利だったのです。

まずいと思い、色々と比較してみた末に行き着いたのが
クレジットカードのキャッシングよりも金利の低い銀行系カードローンの存在です。

元々夫の給料の受け取りや公共料金の引き落としにも使っていたメインバンクだったので、何となくで調べてみましたが、
銀行系で金利が安くて更に最速で即日で利用ができるという点が特に魅力的でした。

審査に落ちるのではないかと不安で仕方なかったものの、
やってみないと分からないのでとりあえずWebのお試し診断をしてみました。

すると、ご利用可能という結果が出ました。

早く借り入れを開始したかったので、手続きが早く終わりそうなテレビ窓口で手続きをするため、即日利用を目指して銀行へ行きました。
200万円を超えなければ身分証明書の提出でOKと書いていたので、自動車の運転免許証を持って手続き開始。

オペレーターさんの案内で操作したのですが、予想よりもスムーズに手続きが終わりました。

偶然空いていたのかもしれませんが、審査がおりたのはだいたい30~40分後です。
カードの発行が終わってまず限度額まで借り入れしてクレジットカード分の支払いを済ませました。

最初は内緒でしたが責任を感じた私は夫に相談し、毎月の支払いとまとめてのお支払いで返済しました。

低金利で返済ができるようになった時は本当にホッとしました。
専業主婦でギャンブルでできた借金があったのに審査がおりたことに驚きましたが、子供と夫のためにも今後は気を付けます。

人気の専業主婦向けカードローンをランキング

数あるカードローンの中でも、専業主婦でも借りられて口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

  1. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  2. みずほ銀行

    メガバンクの安心感と最短即日融資、来店・郵送不要で返済における利便性も高いと評判

  3. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

銀行系カードローンは専業主婦でも申し込み可能ですか?

各銀行によって条件や対象年齢は異なりますが、本人や配偶者に安定した収入があれば基本的に可能です。

専業主婦も銀行カードローンなら総量規制対象外なので可能です。
配偶者の同意書も不要です。学生もご契約時に両親または保護者の方の同意が必要ですが、申し込み可能です。

借り入れ限度額はどれくらいですか?

銀行によって異なりますが、だいたい30万~50万円が限度額のところが多いです。

中には90万~800万円と限度額が高めの銀行もあります。
上限が高めだと安心ですが、ついつい借り過ぎてしまうかもしれない危険性も考えた上で自分に合った銀行を選んで下さい。

金利はどのくらいですか?

金利は借りる額が高いほど低くなっていく傾向があります。

限度額30万円の銀行系カードローンだと14.6%前後のところが多いでしょう。

専業主婦は限度額が低めに設定されていることもあり、
最高金利が適用されやすいですが、それでも大手消費者金融の17~18%の金利よりも低くなることが多いです。

収入が年金のみでも借りられますか?

金融機関によっては年金を安定した年収と見なさず年齢に上限を設けている場合、年金を安定した年収とみなしているケースがあります。

上限年齢も各金融機関で60~68歳、上限なしとバラバラなので必ず確認して下さい。

年会費やATMの手数料はどれくらいかかりますか?

年会費やATM手数料については、各金融機関で異なります。

手数料がかかる場合は1万円以下は税抜き100円、1万円以上は税抜き200円です。
夜や早朝だと時間外手数料が加わることがあります。

手数料の無料サービスを行っているところも今は多く、自社ATMか提携コンビニATMのみ(または両方)無料、
契約内容による無料、時間帯や回数を制限しての無料など条件が異なります。

年会費についてもかかる場合と完全無料の場合があるので、資料を取り寄せるか窓口、WEBで確認して下さい。

外国人でもキャッシングを利用できますか?

可能ですが銀行だと永住許可を受けている場合に限られるか、
それに加えて安定した収入と契約内容を理解できるレベルの日本語能力の3つの条件付きのところがほとんどです。

消費者金融では永住許可を受けていなくても身分証明書とパスポートや
外国人登録証明書、在留カードなどがあれば利用可能な場合もあります。

キャッシングの審査内容はどのような感じですか?

仮審査前の簡易診断や仮審査自体はとても簡単です。

WEBの簡易診断では生年月日や性別、他社の借入状況など最低限の入力で可能です。
仮審査は名前、住所、勤務先、他社の借入状況などの情報を入力すれば受けられる場合がほとんどです。

ただし仮審査では提出する書類と申し込みの内容に違いが出ないように気を付けて下さい。

特に年収、勤続年数は正確に申告しましょう。

専業主婦が借入するにあたり、契約時に必要な書類は何ですか?

ほとんどの消費者金融では運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カードなどの本人確認が可能な書類から1つ、
金融機関にもよりますが所得を証明できる源泉徴収票のような収入証明書(のコピー)の2点が必要になります。

なお、収入証明書は一定の借入金額までなら不要の金融機関もあります。

自宅や勤務先にキャッシングに関する書類が送られてきますか?

各金融機関、申し込み方法、契約方法によって異なります。

郵送での申し込みやカードを受け取る場合は書類が届くことが考えられます。
WEB完結サービスを利用する場合、窓口や自動契約機などで契約すると書類の送付が無い場合もあります。

各消費者金融のサイトや資料で契約の流れを確認して下さい。

他人や家族に知られたくないなら、そのことを伝えて相談しましょう。

専業主婦がキャッシングに申し込むと、自宅や勤務先に確認の連絡が来ますか?

申し込みや契約時に在籍確認や申し込み内容に誤りがないか確認するために、自宅や勤務先に連絡することがあります。

消費者金融系は個人名、銀行は行名を名乗ることが多いですが、銀行も希望すれば個人名での確認に対応してくれます。
電話以外の本人確認や在籍確認が可能な金融業者もあるので確認してみて下さい。

また、WEB完結サービスでも本人確認や在籍確認が通常と変わらず必要なこともあります。確認しておきましょう。

カードローンの利用開始までどれくらいの日数がかかりますか?

各金融機関、消費者金融、申し込み方法、契約方法によって異なります。

自動契約機で手続きが完結できるタイプまたはWEB完結サービスなどは早くて即日、
カードを郵送して貰う場合は契約から到着まで1週間前後を目安に見るといいでしょう。

土日にキャッシングに申し込んでも対応してもらえますか?

銀行の場合ほとんどの金融機関では土日は営業時間外になり、申し込みは受け付けても審査は行っていません。

しかし、土日もカードを発行している銀行もあるので、急いでいる場合はそうした銀行を利用するといいでしょう。
また、大手消費者金融だと無人契約機で土日でも申し込みと契約が可能です。

専業主婦の借り入れ方法の種類は何ですか?

自社あるいは提携銀行のATMやコンビニなどの提携ATMから現金で支払い、もしくは銀行口座に振り込む方法があります。

自社銀行や提携銀行では手数料がかからないこともあります。
コンビニなどのATMでも手数料がかからないサービスを行っているところが多いです。

ネットバンキングの契約をしないと、銀行口座に振り込んでの融資が受けられない場合もあるので、契約時に確認しましょう。

何円単位でお金を借りることができますか?

金融機関や消費者金融、借入方法などによって異なります。

口座への振り込みは1万円単位からでも、ATMなら1000円単位で対応していることもあります。

どうやって返済するのですか?また、どんな返済方法がありますか?

返済方法には大きく分けて自社銀行か提携銀行の普通預金口座から自動的に引き落とす方法、
ATMからの返済、銀行口座への振り込みによる返済の3つがあります。

インターネットバンキングに契約する必要がある場合があります。

返済期日を忘れてしまった時はどうすればいいですか?

多くの金融機関や消費者金融では、インターネットの会員ページから確認が可能です。

ATMの残高照会から確認したり、電話で問い合わせるといった方法もあります。

専業主婦が借入した場合、返済金の最少額はどれくらいですか?

金融機関や消費者金融、借入金額によって異なりますが、返金残高に対して利息が変動するリボルビング方式がメインですが、
最低2~3千円で支払える方法から固定額まで様々です。

最少額以上であれば自分に合った金額で調整できる場合が多いので、シミュレーションで金額を確認したり、相談して決めましょう。

まとまった収入が入ったら、一括で返済したいのですが可能ですか?

金融機関や消費者金融、借入金額によって異なりますが、返金残高に対して利息が変動する
リボルビング方式がメインですが、最低2~3千円で支払える方法から固定額まで様々です。

もし、支払い期日を過ぎてしまった場合はどうなりますか?

返済期日を過ぎた場合は遅延損害金を請求されます。

これは日割り計算で請求されますので、早めに支払いましょう。
初期にありがちなうっかりミスなら大丈夫ですが、故意に遅らせるとペナルティがあります。

具体的には返済の一括請求、新規貸付を断られる、個人信用情報機関に記録されるといったペナルティです。

のちのち困ることになるかもしれないので支払いを怠るのはやめた方がいいです。

子供や家族もいるので、怖い人が取り立てに来ないか不安です。大丈夫ですか?

午後9時~朝8時の間に電話を鳴らしたりFAXを送る、自宅や職場に来る、怖い人が脅す、
連帯保証人ではない家族にも支払いを求める、張り紙での嫌がらせなどドラマに出てくるような過激な取り立て方法は違法行為です。

今は厳しく取り締まられているので、銀行や大手消費者金融ではまずありえません。

もし万が一、違法な取り立てを受けるようなことがあれば警察に通報すると警告して大丈夫です。

返済時にATMの手数料は取られますか?

金融機関や消費者金融、利用する時間帯などで異なります。

有料の場合は1万円以下は税抜き100円、それ以上は税抜き200円程度かかります。
自社ATMや提携コンビニATMで手数料が無料になるサービスを行っているところも多くあります。

できるだけ少ない手数料で返済したいですね。

早く借りたいので、複数の銀行や業者に申し込んでもいいですか?

業者ごとの審査基準によって同じ条件でも審査に落ちる場合と通過する場合があります。

また、手続きの関係で当日利用ができないこともあります。
だからといって短期間にたくさんの業者に申し込んでしまうと、その記録が残って信用を下げてしまう恐れがあります。

多くても2社までにとどめた方が良いでしょう。

返済日が近づいてきたら、教えてくれるサービスはありますか?

銀行や大手消費者金融ではメールで返済期日や返済金額を知らせてくれるサービスを行っています。

早めに支払うのが理想的ですが、サービスを活用して遅延損害金を支払わなくていいようにしましょう。

最初から金利まで支払うのは少しきついです。何とかなりませんか?

金融機関の一部や消費者金融の中には、借入金額や期間を限定した無利息サービスを行っています。

新規契約者のみ、返済日を指定された日数で設定、金額上限ありなど利用の条件は異なります。
銀行だと金利が大手消費者金融並になる可能性もあるので、返済が長期間になると逆に負担が重くなることも予想できます。

無利息期間の長いサービスを選んだり、借入金が少額の場合だけに留めるなど、工夫しましょう。

カードローンを検討中ですが、専業主婦は担保や保証人がないと申し込めませんか?

銀行でも消費者金融でも信販会社でも、カードローンの場合は保証人も担保も必要ありません

保証会社を通して審査が行われているからです。
もし、利用者が債務不履行担ってしまった時には保証会社が業者に対して返済をしてくれます。

ただし、同時に債権回収も行うので借金が0円になるという意味ではありません。注意して下さい。

専業主婦でも銀行系カードローンなら審査が通りやすいというのは本当ですか?

各金融機関はカードローンの審査を保証会社の消費者金融が行っています。

審査基準が同じということはありませんが、銀行カードローンでも厳しい審査が行われています。
審査通過率は各金融機関、消費者金融によって異なります。

初めて借りる人、他社に乗り換える人など、どんな層に対して積極的に融資をしているか
は企業によっても違うので資料を比較して傾向を確認してみて下さい。

キャッシングの限度額を増やすことは可能ですか?

キャッシング、カードローンの場合は契約時に限度額が設定されています。

初回は学生や専業主婦の場合は銀行だと10万円程度、消費者金融だと
専業主婦は配偶者からの同意が必要となりますが、初回だと10~30万円程度です。

限度額は業者の方から増額しませんかの案内が来ることもありますが、利用者から申し込むことも可能です。

消費者金融などは総量規制が適用されるので、配偶者の年収の3分の1までが限度額だと考えて下さい。
そして、申し込み後の審査に通れば増額されます。

申し込む方法はWEB、電話、メール、来店などがあります。

金利が高い会社は避けているのですが、他に安全な会社を見分ける方法はありますか?

基本的に銀行や大手消費者金融など大手企業は安全です。

誰でも貸してくれそうなくらい審査が甘かったり、極端に低い金利をうたっている無名の企業は警戒した方がいいかもしれません。
金融庁のホームページにある登録貸金業者情報検索入力ページで検索してヒットしなければ、いわゆる闇金の可能性があります。

親身になって相談に乗ってくれるソフト闇金も存在するので、くれぐれも甘い言葉に騙されないように注意して下さい。

専業主婦ですが、カードローンの審査に落ちました。もう二度と申し込みはできないですか?

可能です。審査時の状況で判断しているので、その後、収入が増えたり家族構成の変化によって審査に通過する可能性があります。

キャッシングの利用経験がないのに審査に落ちました。なぜでしょうか?

もし過去5年間でクレジットカードを利用したことがあるなら、引き落とし口座の残高が足りずに引き落とせなかったことがないか、
デザインやキャンペーン目当てで短期間で複数のクレジットカードを発行したことがないか確認してみて下さい。

クレジットカードの多重申し込み者は半年、支払いの遅延や滞納の場合には
最長で5年ほど信用機関に状況が登録されてしまい、審査でも不利になります。

よくある携帯電話の2年縛りも実質的にはローン契約なので遅延があると審査に影響することがあります。

それとクレジットカードを利用したことがない場合でも情報がないので、信用度が低いと判断されることがあります。
逆にクレジットカードを作ってきちんと返済したという履歴が残れば、評価が高くなる場合があります。

パートで働き始めたのでカードローンに申し込んだら、審査に落ちました。どうしてですか?

アルバイトやパートで働いている場合でも、1年未満だと年収が安定していないと見なされることがあります

勤続年数が1年を超えれば、審査を通過できる可能性が上がります。

審査に使われている個人信用情報はどうやって確認したらいいですか?

審査に落ちる原因が分からない、思い当たりはあるけど思い出せないという方は個人信用情報の開示請求をしてみましょう。

確認方法はネット、郵送、窓口の3つでスマートフォンからも請求が可能です。
金額はネットや郵送で1000円、窓口では500円です。

確認できる内容は氏名や生年月日などの個人情報、クレジットやローンの取引情報、
クレジットやローンに関係する支払いの遅延や法的手続きがあるかどうかなどの情報です。

また、自己破産のような情報も載っています。

支払いの遅延で最長5年、自己破産などの場合は最長10年この情報が残りますので、
少しでも思い当たる方は確認してみてはいかがでしょうか。

仮審査に通ったのに本審査で落ちました。こういうことって有り得るんですか?

仮審査を通過した場合ほとんど本審査も通過しますが、稀に例外があります。

仮審査時の申し込み内容と提出した証明書類の内容に違いがある場合です。
年収、勤続年数が異なっていないか確認してみて下さい。

見落としがちになるのが携帯電話の支払いの遅延です。気になる場合は信用情報の開示を請求してみましょう。

ブラックリストに載ったら借りられなくなると聞きました。どんなことをしたらブラックリストに載りますか?

ブラックリストに載るということは、個人信用情報に支払い期限が過ぎたり遅延した事故情報が載ることを意味します。

基本的に支払い期間を2ヶ月過ぎたら載りますが、それ未満であれば登録はされません。
支払いの遅延は状態が解消されてから5年後には、登録された情報が消えて借り入れが可能になります。

専業主婦です。銀行カードローンではなく、金融業者からキャッシングしたいのですが可能ですか?

配偶者貸付制度を使えば可能です。

配偶者貸付なら申し込み者を含めた世帯収入の3分の1を上限にキャッシングが利用できます。
配偶者ではなく、申し込み者名義での借り入れになります。

専業主婦でも、配偶者貸付制度で夫に内緒でキャッシングできますか?

内緒ではできません。借り入れの名義は申し込み者ですが、利用時に配偶者の同意書が必要になります。

配偶者と相談をして利用して下さい。
どうしても内緒でキャッシングしたいなら、総量規制除外の銀行カードローンを利用して下さい

再審査のキャッシング申し込みをする時、どのくらい期間を空けたらいいですか?

まず連続して申し込んでいると見なされやすいのが、1ヶ月以内です。

それと契約には至らなくても申し込んだという情報は個人信用情報に6ヶ月残ります。
なので、6ヶ月以上経てば安心して再申し込みができます。6ヶ月以上経っても、勤続年数が1年未満の場合は勤続年数を延ばしましょう。

総量規制って何ですか?お金が借りられなくなると聞きました。

総量規制とは、2010年施行された改正貸金業法で導入された規制です

主に個人の借入総額が年収の3分の1まで制限されるという仕組みのことを指します。
要するに、貸金業者は収入の3分の1までしかお金を借してはいけないということです。

収入のない専業主婦の場合はそのままではキャッシングが不可能ということになってしまいますが、
貸金業者に指定されている金融業者などでは配偶者貸付という制度があります。

また、総量規制対象外の銀行カードローンを利用することでもキャッシングが可能です。

専業主婦のキャッシング審査では、どんなことを審査されているのですか?

一般的な審査では年齢、年収、勤務先の確認、他社からの借り入れ状況の確認、過去に2ヶ月を超える延滞などの返済事故がないかどうかや
自己破産の記録がないかの確認、自宅や勤務先への本人確認または在籍確認、免許証などの身分証明書の確認が行われます。

専業主婦の場合は配偶者に十分な年収があるかどうかという点も重要です。

場合によっては収入証明書が必要です。

世帯収入が安定していて申し込み時の内容と提出された書類に不備がなく、
信用機関に登録された情報にも問題がなければ基本的に審査を通過できると考えて良いでしょう。

消費者金融でキャッシングを利用しています。もし私が死んでしまったら、子供に借金が残りますか?

カードローンも含め、キャッシングの残高は配偶者や子供など法定相続人に引き継がれます

財産が借金を上回るなら財産も借金も相続する単純承認を、判断できなければ差額を受け取れるか借金が残っても支払わなくて良い限定承認を、借金の方が遥かに多ければ相続放棄を行いましょう。これらの手続きは通常、相続開始から3ヶ月以内の期限があります。

このページの先頭へ